雇用されたら使用するであろう資格や免許を優先する

たくさんの資格や免許を持っていても、それが実際の現場で生かすことが出来なければ、宝の持ち腐れとなってしまいます。また、一貫性のない資格や免許を羅列することは、雇用主に資格ばかりで実戦に弱いのではないかという懸念を抱かせてしまいかねません。そのため、面接で資格や免許の有無を聞かれたときは、まずは業務のある資格や免許について簡単に述べてアピールすることが大切です。

面接を進めるうちに、アピールした資格以外のものが役に立つと思ったら、そこで一見関係なさそうな資格や免許をアピールすると効果的です。最低限の資格や免許にプラスしてできることがあると、即戦力であるとともに、将来的に幅広い業種についてもらうことができると期待されるでしょう。

事務系の資格があるならアピールする価値あり

ドライバーの求人で、事務系の資格があると重宝される可能性があります。なぜなら、ドライバーなど実戦的な職業の集団は事務仕事を苦手としていることが多いからです。具体的には、パソコン系の資格や簿記の資格があると需要が高いといえます。ドライバーもできて事務仕事もできるという人はまれです。転職などで事務経験がある人はそれだけで有利であるといえます。

国家資格給の資格や免許があれば、経営の中心を目指すこともできます。具体的には行政書士や社会保険労務士があれば、ドライバーをしながら、経営の中核を担うことが可能となるでしょう。将来的に重役を目指したいという人は、所持しているなら必ずアピールしたほうが良いでしょう。