求人の下調べをしておく

ドライバーの求人はタクシードライバー、バスの運転手、セールスドライバー、宅配ドライバー、長、短距離の運送ドライバーなどたくさんの種類があります。それぞれの仕事で求められる人材像や資格が違うので、応募した求人がどのドライバー職種のものになるのかを把握して、仕事で求められる能力を事前に調べておくことが必要になります。

例えば、遠方の色々な所に行きたいので遠距離ドライバー仕事をしたいと思っても、近隣エリアのセールスドライバーの求人募集をしている企業に応募したらミスマッチになってしまうからです。志望動機と仕事の内容がマッチしていなければ面接を通過する確率は高くないでしょう。事前に求人の職種、会社について調べて応募した理由を自分の言葉で言えるように準備しておきましょう。

一言で応募理由を言えるようにしておく

応募理由を聞かれた時に一言で志望した理由を伝えるようにしましょう。これだと相手に伝わるか不安だと思うかもしれませんが、あくまでも応募理由を先に一言で伝えるだけで、根拠などの補足説明もする必要があります。根拠を言う事でより応募理由が伝わりやすくなるためです。

例えば、これまでの経験が活かせると思った為貴社に応募しました。私は15年間長距離ドライバーとして仕事をしてきました。(以下省略)と言うように応募理由を先に言う事で、採用担当者にどうして応募したかを素早く伝えることが出来ます。逆に根拠を先に言ってしまうと理由がわかるまでに時間がかかり、何を伝えたいかよくわからない事になる可能性が高い為注意が必要です。

応募した動機は聞かれることが多いので、面接を受ける前にまとめて1分位で話せるように練習しておくといいでしょう。

長引くコロナ禍によりインターネットによる買い物は増えています。買い物に伴い宅配するドライバーの派遣のお仕事も増えています。