面接をする時は遅刻厳禁!

ドライバー求人に応募し、面接をすることになったら色々と準備をすることがあります。面接の質問に対してどのように答えるか、などということに力を注ぐ方も多いですよね。しかし、見落としがちになりますが面接場所までのルート確認も大切なのではないでしょうか。もしルート確認を怠って面接に遅刻してしまったら、会社側への印象が悪くなってしまいます。ドライバーという職業上、時間が守れる人を求めている会社も多いですよね。場合によっては面接をさせてもらえなくなる可能性も出てくるでしょう。せっかくのチャンスを無駄にすることがないように、今から出来る準備は済ませておくことが大切になります。ルートが分かっていると、当日焦ることなく面接の内容だけに集中出来ます。

どうやって事前確認する?

面接日程が決まったら、どこで面接を受けるのかをしっかりチェックすることが大事です。本社で行われる場合もあれば、まったく違う場所で行われる場合もありますよね。「本社で面接するだろう」という先入観を持ち、確認を怠ってしまうと面接の場所を間違える可能性が出てきます。電話で面接情報を聞く場合は、メモを取って復唱するようにしましょう。資料を受け取った場合は、何度も読み直して勘違いがないかチェックします。そして、インターネットで面接場所を検索したり、電車の乗り換えを調べたりして、シミュレーションをすると安心です。不安が拭えない場合には、下見をしておくのもいいのではないでしょうか。実際に行くことで、アクセス方法だけではなく所要時間など知ることが出来ます。

運転手の募集については、求人誌やインターネットを使って探します。この2つを併用することにより、多くの求人を見つけることができます。