服装は必ず背広で面接を受けましょう

面接をされる会社の方は作業服とか会社の制服を着られていますが、面接を受けられるあなたは必ず背広でネクタイ着用でお願いします。暑い季節でも、ネクタイは必要アイテムになります。面接場所はほとんどが会社か、会社の近くの喫茶店ということが多いですので、面接中はそれほど苦にはならないと思います。

背広、ワイシャツのアイロンがけもしておきます。あまりしわくちゃの服で面接を受けるのは、相手の方に失礼なことにもなりますので、避けるようにしましょう。

ネクタイピンはあってもなくてもかまいません。ピンなしが気になる場合は、ネクタイをワイシャツの第2ボタンの下あたりから、ワイシャツの下に入れておきます。これで全然問題はないです。

服装以外の身だしなみに気を付けよう

意外に見落としがちなのが靴です。意外と汚れている人が多いです。靴はあなたを運んでくれるアイテムですし、意外と見ている方もおられます。面接を受ける際には、靴は磨いておきましょう。 頭髪もチェックしておきます。念入りに櫛を入れる必要もないのですが、手櫛程度でも結構ですので、髪型を不自然でない程度に整えておきます。あと、顔の血色があまりよくない方は、クリームや保湿用の油を軽く塗っておくといいです。 面接の担当者が女性の場合も考えられます。女性は匂いを気にされる方が多いです。匂いは結構うっかりしがちです。なかなか自分の匂いは気づかないことが多いですので、念のため消臭スプレー等で事前に消臭しておきましょう。

昨今、ドライバーさんが運送業の求人情報を探す際によく利用されているのが「ドライバー特化タイプの求人サイト」です。無料登録で簡単に利用出来て非常に便利、と好評です。