採用担当者は履歴書のどこをみる?

ドライバー求人の場合、履歴書を面接時に渡すことが多いです。事前に提出する場合もあるかもしれませんが、少数派だと思われます。面接は基本的には人物重視で行われますが、履歴書をみて、転職組の方は転職の理由や、志望動機等聞かれる場合もあります。 担当者が履歴書をチェックする場合、人物を絞り込むというよりは、まったく対象外の方を外すことに使われることが多いです。ですので、履歴書は丁寧かつ正確に書くことが求められます。盛る必要は全くありません。 担当者も人間ですので、履歴書の内容が長すぎる、短すぎる、は嫌われることがあります。ある程度ご自分のことを簡潔に説明できるように、常日ごろから考えておくことをお勧めします。

履歴書を書く際の注意点について

手書きと印刷と迷われる方がいるかもしれませんが、どちらでもOKです。字が綺麗でない方は印刷の方がいいでしょう。ひな形はインターネットで取得することができます。写真も駅前の証明写真を使うのもいいですが、スマホの自撮りデータを使って、大手コンビニのプリンターで証明写真を印刷する有料サービスもあります。何度でも取り直せるのでお勧めです。 志望動機は正直に書いておきましょう。会社について魅力に感じているところ、ご自分がどんな仕事を希望してるかなど端的にかけるとよいでしょう。正社員ではなく業務委託を希望の方の場合、「Wワーク、週3日勤務希望」等、ご自分の稼働日数を明示しておきましょう。担当者があなたがよいと思えば、その場で「この仕事どうですか?」と声をかけてくれることもあります。

運転手の求人では、どのような免許が必要なのかを確認します。小型トラックや役員運転手は普通自動車免許で乗車できますが、タクシー運転手になるには二種免許が必要です。入社後に免許を取得できる会社もあります。