面接で必ず聞かれること

面接に行く上で、避けて通れないのが「自分の長所と短所」の説明です。必ずといっていいほど面接官から聞かれることでしょう。そして、以外にも多くの人がこの質問で躓きます。日本人は控えめで謙虚であることが美徳とされていますが、面接では存分に自分をアピールするべきです。分かっていても意外と上手く受け答えができないのがこの質問です。

まずはこの質問をしてくる面接官の意図を考えてみましょう。どういうところが長所と短所なのかという点はもちろんですが、自分の長所と短所を理解しているのか、そしてそれをどのように説明するのか、短所をどのように補うのか、など、この質問の答えから面接官は様々な情報を得ることができます。
いざ聞かれても答えに詰まることのないように、じっくり対策を練りましょう。

長所と短所の回答のベストは?

これは当たり前のことですが、嘘をついてはいけません。嘘をついてもいずれバレますし、あなた自身のことを面接官に伝える必要があるからです。でも、少しばかり誇張して伝える分には問題ないでしょう。もちろん、もし入社することになったときにはその誇張を真実に変えるべく努力する必要があるので忘れないでくださいね。

自分の長所、短所が思いつかない時には周りの人に聞いてみるのがおすすめです。あなたのことを知っている人ならきっとすぐに教えてくれるでしょう。インターネットで心理テスト等を行ってみるのも一つの方法です。長所はそのまま長所を活かせる場面を話し、短所はそれを補うために努力していることなどを伝えると良いでしょう。

例えば「単純作業が苦手」という人なら「流れ作業でも周りの人と協力して楽しく仕事をこなし、単純な作業にならないようにしている」など、仕事に対する姿勢をそれとなくアピールすることもできます。

巣ごもり需要の増加に伴い、宅配ドライバーの募集が増えています。普通免許を持っていれば、未経験者でも応募可能な募集案件が多いです。